忍者ブログ
まぁ、いろいろ書くね
Posted by - 2017.06.24,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by ぷらすどん - 2008.12.21,Sun

久しぶりの日曜日完全休み
合間をぬってたくさん見たけれども、忘れてしまいました

で、現在シリーズ物で見ているのは『GALACTICA/ギャラクティカ 【起:season 1】』
アメリカのTVドラマシリーズですが、充分映画でもやっていける内容となっているところが良い
gyara.jpg









season 1のストーリーは、人間  サイロン(人間が生み出したロボット)
長年の休戦協定がサイロンにより破棄され戦争となり、サイロンの圧倒的優位から人間が抵抗しながら新天地を目指す。
休戦協定の間に人間ソックリのロボットを開発したサイロン、味方のどこかにサイロンが入り込んでいるかも
と、ごくごく有り触れた内容となっていますが、中々入り込めます

人間型のサイロンの中には自分がサイロンだと気付いていないのも居る。
んで、人間と恋に落ちたりして

個人的にはブーマーがイイ
season 1では2人ブーマーが出てきて、
片方は自分が人間だと思っているブーマー、
もう片方は、サイロンのスパイとしてのブーマー、
どちらも人間との恋に落ちます

シリーズ物は四の五の言いません
まず見てください
見る価値ありますよ~

PR
Posted by ぷらすどん - 2008.10.09,Thu

デンゼル・ワシントン主演のデジャヴを観ました
DEJAVU.jpg










最初の方はモッサリ感があって意味が良く分からないのですが、ストーリーが進むにつれて、あのシーンの意味はこうだったのかー!って理解できます
サスペンスものかと思っていましたが一種のSFものですね
現実では有り得ない内容ですが、面白く観れます

フェリー爆破事件にATF(アルコール・たばこ・火器局)の捜査官であるダグ(デンゼル・ワシントン)が現場検証を行ない、テロである事を証明する。
爆破事件の被害者と思われる女性 クレアの死体を観察し、殺人でありテロ事件と関係があると推測したダグは彼女の部屋を捜査する。
その時ダグは彼女と彼女の部屋に妙な既視感を感じ・・・

1. 彼女は誰かの視線を感じていたが、それは、彼女の現状において未来であるダグ達の監視によるもの
2. 爆破テロ後にクレアの部屋を操作すると、ダグの指紋が大量に残されていたが、それは、過去にタイムトラベルしたダグのもの
3. 彼女の電話の交信記録が現在と過去を繋ぐもの

など、現在のダグの捜査や過去に戻って行なった事が現在に影響していたり、時系列がややこしい所がありますが、観ていくうちに点と点が繋がり、点が線になり、線と線が結びつくようになります。
ただ、ラストは物悲しい気分になります
過去を変える事により、死ぬべき人が死ななくなり、死ななくてもよい人が死ぬ事になり
でも、未来は1つじゃないってことで。
今現在も、己の選択肢によりたくさんの未来が存在しているってことでしょうか

Posted by ぷらすどん - 2008.07.21,Mon
いよいよレンタル開始
Prison3.jpg









待ちに待ったシーズン3です
マイケルがSONAに収監されてからのお話。
ティーバッグやらマホーンやらベリックもこの中に入れられています
とくにベリック、いきなりボロクソ状態です

いきなりトラブルに巻き込まれています
SONAの中に居る囚人たちのボス的存在の人物に目を付けられて生か死の果し合い
無理矢理決闘になるも、最後の所で助けるのがマホーン
マホーン、強えぇえぇぇっ

今のところ、SONAでの目的はとある人物を脱獄させる事。
この人物がどう役割を持っているのか今は分かりません。

ちなみに、この人物を脱獄させなければならなくなった理由は・・・
サラとLJがどこかに捕まっています。
誰が、とある人物をなぜ脱獄させたいのか、とある人物とは何者なのかは今のところ不明
これからが楽しみ~
オススメ
Posted by ぷらすどん - 2008.07.21,Mon
前回28日後を観たんだから28週後を観るのは当然でしょう
28syuu.jpg










でも、やっぱりバイオハザードと似てる気がする
今回の原因はおバカな子供二人
この二人が立ち入り禁止区域に入らなければ惨劇は再び起こらなかった
簡単に立ち入り禁止区域には入れてしまうのも如何なものかと思うけど、これは映画だから仕方がない

その子供たちもウイルスに免疫を持っているようなので今後の続編ではスバラシイ働きをするのかも
続編があるのかどうかは知らないが

今回のお話は、妻を見捨てたと思っていた男が、実際は生き残っていた妻(ウイルスに対して免疫もち)とキスをして感染した事から蔓延する。
ここがまた突っ込みどころで、なぜそんなに警備が緩いの?って。
1人の男が感染し、そこから爆発的に広がる。
見た目では感染者と非感染者の見分けがつかないので、軍隊(アメリカ軍)は掃討作戦に移る。
一言で言えば『皆殺し
ナパーム弾や毒ガス(目に見える毒ガス?)や火炎放射器・・・など。
観てても実際一番BESTな選択のような気もする。
私って残酷ですか?
ただ、とある人物(非感染者)が火炎放射で焼かれる所は切ない

28日後とは目的が変わってる気がするので、別物として観た方が良いのかも
特にオススメはしませんが28日後を観たのなら28週後も観て良いのではないでしょうか・・・
Posted by ぷらすどん - 2008.07.05,Sat
ホラーものとして【28日後】を観ました
28niti.jpg









う~ん・・・これは・・・
『アイ・アム・レジェンド』『バイオ・ハザード』
冒頭はバイオで始まり、ストーリーはアイ・アムで進む
こういうゾンビものが好きな人には良いのではないかと
実際は感染して凶暴になっているだけなので厳密には生きているのでしょうが
 
最初の感染源はサルで、動物愛護のメンバーがある施設に忍び込みサルを逃がそうとして噛まれ感染する。
そこから一気に蔓延し、都市には誰も居なくなった・・・
事故で病院に居たジムが目覚めた時には都市は壊滅状態。
街を彷徨っているうちに、教会へ辿り着き牧師ほかの感染者と出会い追いかけられるが、非感染者に出会い助けられる。
この仲間とともにジムの実家へ向かい両親を探す事に。。。。。
 
それにしてもこの感染者たち、足が速いのなんの
そこが恐怖心を煽るんでしょうねぇ
すぐに血をブワーッっと吐くし
まぁまぁB級とは行かないまでもA級ではないねぇ
Posted by ぷらすどん - 2008.06.24,Tue

これ観た、エイリアンvs.プレデター2
AVP2.jpg









ここ数回ハズレ引いてる
ストーリーは前回のラストシーン、プレデターに寄生したエイリアンが出てきたところの続き。
何でまた地球に落っこちるのってとこから始まる。
人間を宿主にエイリアンが増えつづけプレデターが討伐する
まぁエイリアン増殖の為と死ぬ為の人間はおまけですね
プレデターも弱くなった気がする
途中、初代プレデターにあったように保安官が生皮剥がれて吊るされてますが、ストーリー的に必要ないんじゃ…?
今回はエイリアンとプレデターとの戦いであって、プレデターと人間の戦いじゃないんだからねぇ

しかしまぁ、なんと言っても画面が暗すぎ
何も見えないし
エイリアンの全形なんてさっぱりわかりません
しかもしかも、ラストシーンが…バイオハザードと一緒じゃないのよぉ
なんだか損した気分なり

Posted by ぷらすどん - 2008.06.21,Sat
今日はコレ、アポカリプト
APOCALYPTO.jpg









監督がメル・ギブソンってことで期待して観ました
自分的には「うーん」ですねぇ
前半は小さな狩猟民族の一人ジャガー・パウやその民族内のお話。
後半はそのジャガー・パウが逃げまくるお話。
前編マヤ語で凝った作りなんでしょうが、いつも言語は英語で日本語字幕の私にはマヤ語で喋っていようが英語で喋っていようがストーリーを進めるのは日本語字幕なので関係無し
 
ジャガー・パウの居る小さな部落がマヤ民族の襲撃を受けて滅亡し、そのマヤ民族がヨーロッパからきた民族に滅ぼされるんだけど、マヤがどう滅んだかなどは興味が有る人以外は知らないだろうから、ラストシーンで船(ヨーロッパの船という事も観てて分からないけど)が来航してエンディングって意味不明~ってなりかねん
 
生贄にされる男の目線からの描写や中盤のジャガー・パウが必至で逃げるとこは臨場感があって
ただし、生きたまま腹を掻っ捌いて心臓を取り出したり、首切りがあったり、ジャガーに顔を噛み砕かれたり、痛いシーンはそこそこあるので苦手な人は明かりを点けて音声を小さくして観て下さいねー

オススメ度は
Posted by ぷらすどん - 2008.05.04,Sun
今日は新作『アイ・アム・レジェンド
リチャード・マシスンの『地球最後の男』をウィル・スミス主演で映画化したもの。
Iim.jpg









最初に言う事じゃないかもしれないけど、期待はずれかも
前半はまぁ良かった。後半で前半を台無しにしてる

ロバートと愛犬サムのやり取りや、レンタル店にマネキンを置いて話しかけたりするするのは孤独感があり良かった
でも、ウイルスがどうやって出来たのか、どうやって蔓延していったのかがロバートの回想、それも端々過ぎる回想だけ

なにより台無しにしてるのが、ウイルスに感染したゾンビ?もど
こりゃぁ全体的に落第点ですょぉ

レンタル版はわかんないけど、購入版に特典映像としてついている『衝撃の別エンディング』
別に衝撃でもなんでもないです
どっちもどっち
酷評すぎますか
Posted by ぷらすどん - 2008.04.30,Wed
本日はコレ、『プラダを着た悪魔』です。
DEVIL_PRADA.jpg









何かのDVDで予告編が入っていて、なんとなく見たくなり借りたのですが、借りて正解でした
アン・ハサウェイとメリル・ストリープ出演。

メリル・ストリープ演じるファッション誌編集長ミランダとアシスタントとして働く事になったアン・ハサウェイ演じるアンディとお話。

ファッションセンスの無いアンディがミランダの下でどんどんセンスアップして仕事もこなせるようになっていく一種のシンデレラストーリー
見るものを引き込むのははメリル・ストリープあってこそ

メリル・ストリープを始めて知ったのは『永遠に美しく・・・』のマデリーン役から。
綺麗な顔立ちで意地悪そうな役は抜群っ

ってか、演技力が抜群っ
見る価値アリ
Posted by ぷらすどん - 2008.02.10,Sun
昔から好きな銀河英雄伝説の外伝です。
小説から入ってアニメも本編を全て観ました
外伝ですから順番が分かりません
でも、単独でサブタイトルが付いているものは1本で完結しているはずっ
ginga_dakkan.jpg









で、今回は『奪還者』を選択
ラインハルトが中佐の時のお話。
軍事機密を持ち出した貴族を捕らえるのですが、さすが帝国だけあってウラがあります。
同盟領まで逃亡した貴族をどうやって探して捕まえるのか!
ラインハルトならではですねー。
深くは書きませんが、外伝はラインハルトがどうやって登りつめて行ったかを説明してますね

本編に出てくる大将、上級大将の名前が外伝にチラホラ出てくるのも嬉しい
登場でワーレンとレンネンカンプ、名前でミュラー、アイゼナッハ。
銀英好きにはたまりませんなぁ
プロフィール
HN:
ぷらすどん
HP:
性別:
男性
自己紹介:
ここはクワカブ飼育でネタ切れを起こした場合の避難場所です(゚Д゚;)
趣味であるスロネタや映画ネタ、海外ドラマネタなどを書こうかなっておもってますので(#^.^#)
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
お天気情報
最新コメント
[07/10 ぷらす]
[06/28 じぇい太郎]
[05/08 ぷらす]
[05/04 じぇい太郎]
[03/09 ぷらす]
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
バーコード
フリーエリア
カウンター
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]